キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースの原作と映画での能力やオリジン

スポンサーリンク

マーベルでも80年以上の歴史を持つキャプテン・アメリカ。

「キャプテン・アメリカは原作だと、どんなキャラなの?」
「映画だとどんな設定だったっけ?」

などの疑問がこの記事で解決されます。

ファン歴9年、原作コミック150冊持つ僕が、実際に作品を見てまとめています!
僕のプロフィールはこちらの記事で。

”実写映画での~”の項目では、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のストーリーについて記載しているので、ネタバレにはご注意ください。

スポンサーリンク

原作コミックでのキャプテン・アメリカ

キャプテン・アメリカ

キャプテンアメリカ

『Captain America』Vol.4 #1 ©MARVEL

本名:スティーブ・ロジャース
種族:人間
主な所属:インベーダーズ、アベンジャーズ
初登場回: 『Captain America Comics』#1(1941年)

これまでの経歴

スティーブ・ロジャースは小柄で、正義感の強い青年だった。
ナチスの暴挙に憤りを感じて陸軍に志願したが、虚弱体質を理由に不合格となった。
しかし、その熱意を見込まれた彼は、フィリップス将軍から極秘計画オペレーション・リバースへの参加を提案された。
3人の候補者がいたが、2人は脱落してスティーブが被験者となった。

アースキン博士が開発したスーパーソルジャー血清を服用・投与され、ヴァイタ・レイを照射されたことで、強靭な肉体を手に入れた。
コスチュームはスティーブがデザインし、陸軍がそれを基に作成した。

ある日、ETO(欧州戦線)陸軍基地の警備にジェームズ・バーンズと共に就いていたスティーブは、爆弾を搭載した無人機の阻止に向かっていた(のちにこの爆撃機は、バロン・ジモ/ハインリッヒ・ジモの放った物という設定が追加された)。
ジェームズは機体に飛び移れたが、スティーブは間に合わず落下してしまった。
ヒューズによって機体は爆発し、スティーブは意識を失ったままニューファンドランド沖に沈んでいった。

氷漬けになったスティーブは、現代においてエスキモーに発見され、サブマリナーに海へと投げ飛ばされた。
氷が解けたところでアベンジャーズの潜水艦が通り、救出されたスティーブは目を覚ました。
そしてアベンジャーズと共に戦い、スティーブはチームの一員に招かれた。

第二次世界大戦時の宿敵だったレッドスカル/ヨハン・シュミットとは、現代でも絶えず対決している。

能力や武器

超人血清による、強靭な肉体。
ルーズベルト大統領から渡された円形の盾は、投げることで武器としても利用している。

実写映画でのキャプテン・アメリカ

注意
記事の性質上、作品のネタバレ全開です
ご注意ください

キャプテン・アメリカ

キャプテンアメリカ

引用元 ©MARVEL

本名:スティーブ・ロジャース
種族:人間
主な所属:アベンジャーズ
主な登場作品:『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
俳優:クリス・エヴァンス

これまでの経歴

時は1943年、スティーブ・ロジャースは小柄で病弱だった。
国のために戦うことを志して5回も軍の入隊検査を受けたが、全て不合格だった。

そんな中、万国博覧会の新兵採用センターでSSR/戦略科学予備軍のアースキン博士に興味を持たれた。
そして念願だった陸軍に入隊する機会を得た。

厳しい訓練を重ね、度胸も示したスティーブはスーパーソルジャー・プログラムの適合者に選ばれた。
血清を注射され、ヴァイタ・レイを照射されたことで強靭な肉体を得た。

スティーブはキャプテン・アメリカとしてショーに出演することになり、アメリカ国民の間では大人気となった。
戦地では歓迎されなかったが、ヒドラの捕虜となったジェームズ・バーンズ率いる107連隊を単独で救出したことで賞賛を得た。

スティーブがデザインしたコスチュームを、SSRのハワード・スタークが炭素重合体を用いて作成した。
そして、振動を完全に吸収する金属ヴィブラニウムの盾を装備した。

1945年、スティーブはレッドスカル/ヨハン・シュミットとの戦いを終え、ニューヨークへ向かうワルキューレを北極に不時着させた。
ペギー・カーターとのダンスの約束を果たせぬまま、スティーブは約70年もの間氷漬けになっていた。

現代でS.H.I.E.L.D./シールドに救出されたスティーブは、ニック・フューリーが招集したアベンジャーズの一員となる。

能力や武器

超人血清による、強靭な肉体。
血清は筋肉と細胞に作用し、傷の回復も早い。

ヴィブラニウム製の盾を扱う。
盾を投げることで武器としても利用している。

キャプテン・アメリカの登場作品

実写作品

キャプテン・アメリカの活躍する作品は下記になります。

  • 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  • 『アベンジャーズ』(2012年)
  • 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(2014年)
  • 『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
  • 『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
  • 『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
  • 『アベンジャーズ エンドゲーム』(2019年)

これらの作品はDisney+/ディズニープラスで見放題で楽しめます。

ディズニープラスは月額制のサブスクリプション動画配信サービスです。
VOD/ビデオ・オン・デマンドともいいます。

大きな魅力はこの2点。

  • ここだけのMCUオリジナルドラマを楽しめる
  • マーベル映画50作品以上が見放題

ファンの方々にはぜひともチェックしていただきたい!

詳しい情報や魅力はこちらの記事で解説しています。

原作コミック

キャプテン・アメリカの活躍する原作コミック(邦訳)は下記になります。

「原作って実際どうなの?」
と、興味はあるけど踏み出せずにいる方々。
こちらの記事で原作の魅力を語っているので、ぜひ読んでください!

原作を読んで、さらにキャラクターへの知識を深めまちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました